遺跡馬鹿-感想帳



遺跡馬鹿トップ/
February, 2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 遺跡馬鹿
自己紹介: 遺跡と遊戯王好き
カテゴリー
最近のエントリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
世界の何だコレ!?ミステリー4時間スペシャル>

世界ふしぎ発見 青の淑女と赤の女王 ペルー 謎の古代帝国 ワリ!

世界ふしぎ発見 | 2016年10月 1日(土)19時 2分
概要:
南米といえばインカ帝国。
しかしインカ以前に「ワリ帝国」というモノがほぼ同じ範囲で存在していた。
インカはワリ帝国から多くの影響を受けていた。
そのワリ帝国時代の遺跡から青い目を持つミイラや音の鳴るイヤリングをした赤い顔の女性ミイラが出土した。
遺物を調べてみると、隣国ボリビアに栄えた「ティワナク文化」とよく似たデザインのモノがあった。
昔から人々は自由に行き交い、文化や宗教さえも交流があったのではないか…という話。


遺跡:
ワカ・プクヤーナ遺跡(ペルーのリマ)←青い淑女が見つかった遺跡(ワリ文化)
ティワナク遺跡(ボリビア・ティワナク)←壁に顔が埋められている遺跡(ティワナク文化)
メリカ・エル・カスティージョ(ペルーのワリメイ)←ガイコツに赤い色が残っていた、集団体育座りの遺跡(ワリ文化)

感想:
昔からインカ帝国の遺跡はワリ時代のモノの上に築かれていると言われていたし、自分でもいくつか確認したことがあったので、それほど目新しい内容ではなかったです。
ただ今回登場したミイラたちの遺物によって今までの説が裏付けされたことが良かったです。
取材不足で残念だったのは、ティワナク遺跡まで行っておきながら、「プーマプンク」を紹介しないかったのは残念でした。
ここの石造物とオリャンタイタンボ遺跡の石造物がよく似ていて、「かすがい」の形状も似ていることを紹介しなくちゃ!
あとアヤクーチョのピキリャクタ遺跡の取材はして欲しかったです!
それと「ケチュア語」と「アイマラ語」にも注目し、言語から交流の実態も追って欲しかったです。
それとティワナク遺跡についてですが、この遺跡しか紹介していなかったですが、周辺から遺跡のようなモノは見つかっていないんでしょうか。
チチカカ湖周辺の遺跡をもっと取材し、最新の情報が欲しかったです。
コンチキ神が博物館に入っていたけれど、せめて博物館の入り口くらいは撮して欲しかったです。

リマの街中に残る巨大な「ワカ・プクヤーナ遺跡」から出土した「青い淑女」
本当は子供らしいですが、貝で作られた瞳がとても美しかったです。
ひょっとして色素が薄い子だったのか、それとも手元にあった貝が青しかなかったのか…。
青い目になったいきさつを想像するだけで楽しいです。

最後に紹介された「62体、集団体育座り埋葬」は驚きました。
なんでしょうか…あの多さと姿勢は!
男性は1人だけ、あとは全員女性というのも不気味さを感じました。
その男性は入り口を背にして女王の顔を観ているように座っていましたが、私は女王の美貌を表現するため男性の顔をわざと女王に向けたのではないかと想像してみました。


ついでに:
コパカバーナが登場しましたが、すごく建物が増えていて驚きました。
でも白い教会は昔のままでした。懐かしかったです。
_
世界の何だコレ!?ミステリー4時間スペシャル>
HTML can be inserted here.
hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com