遺跡馬鹿-感想帳



遺跡馬鹿トップ/

【遺跡番組】

April, 2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 遺跡馬鹿
自己紹介: 遺跡と遊戯王好き
遺跡番組
カテゴリー
最近のエントリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント

世界の何だコレ!?ミステリー4時間スペシャル

遺跡番組 | 2016年10月19日(水)21時 1分
世界の何だコレ!?ミステリー4時間スペシャル
 (ミステリーの現場直撃!もっと間近で見てみたい…)#29 2016年9月28日

<項目>
    (1)1500年以上前に造られた超巨大な玉(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

    (2)帽子をかぶりヒゲを生やした約2000年前のミイラ発見!(デンマーク)

    (3)ヨーロッパで世界最大のピラミッド発見!?(ボスニア・ヘルツェゴビナ)


<所感>
    玉もミイラもピラミッドも自分で訪問したことのある地なので、とても懐かしかったです。
    現地に行ったことがある人間として感想を書きます。


(1)1500年以上前に造られた巨大な玉(ボスニア・ヘルツェゴビナ-ザビドビッチ村)
数年前、苦労して訪問した場所なので懐かしく感じました。
村の様子も玉の周囲も変化はないようで安心しました。
取材班は簡単に現地を訪問していましたが、個人で行くとなるとやっかいな場所です。
でもバスも電車もあるので興味ある人は是非!

というわけで私の訪問後にあんな巨大な玉が見つかるとは!ヽ(`Д´)ノクヤシー!
お兄さんが玉に抱きついていましたが、私も抱いてみたかったです。
8年前に周囲から玉が見つかったと説明していましたが、だから知名度が低いんですね。
そのうち一大観光地になりそうで、ちょっと心配です。
「この石、固いよぉ!ガツンガツン!」
ちょっとまて!石をぶつけるなぁ!ヽ(`Д´#)ノ
観ていてハラハラしました。
乱暴ですねぇ、あちらの人は!!
「ほら、水をかけると『緑色』になるんだよぉ!ヾ(´∀`*)ノ 」
スタジオの反応は薄かったですが、この辺の人はイスラム教なので、緑は神聖な色として映るのです。
大玉は出来れば動かさず、あの場所に置いたままにして欲しいです。
また行きたくなる魅力的な玉たちです。



(2)デンマーク 帽子にヒゲ!?約2400年前のミイラ
シルケボーのトーロンマンさんは以前にもテレビで取り上げられたことがあるので知っている人も多いのでは!
しかしいつの間に体はレプリカになったんでしょうね…。
たぶん最近の事なんでしょうね…。
3Dプリンタで作った…とか…かな…。
確かに良く見るとプラスチックの体ですね。
私が訪問した時は、本物だった と思います。
足の爪が印象的でずっと観ていました。
まぁ頭だけでも本物を展示してくれるのはありがたい事です。
発見場所も登場しましたが、今も湿地なんですね。
安らかな顔をしていましたが、生け贄として殺された事実を考えるとむごいなぁと思いました。

身長は161センチで40代。
北欧の人というと巨体なイメージですが、この頃の人はやはり小柄なんですね。


(3)ピラミッド
さてボスニアの自称インディージョーンズこと「サム・オスマナギッチ博士」が登場しました。
現地に行くと自著売ってるよ!高いけど。
ドローンを飛ばして「ねっ、上から見ても三角錐でしょ!」と言ってましたが…、ああいう三角山は世界中に多いので、簡単に論破されてしまいそうです。
発掘場所にある石を「古代のコンクリート」と言っていたけれど、地質の専門家はどうみるんだろう…あれを。
このピラミッドと玉のあるザビドビッチ村は近いので、この辺の地質は何か秘密を隠しているっぽいです。

しかし地下道は少し謎があるように思います。
私が行った時は場所が良く分からなくてたどり着けませんでした。
「何故、埋めたのか!」と言っていましたが、川が近いので氾濫・増水なので自然に埋まったんでしょうね。
ただそこにあった石たちは確かに不思議です。
岩文字とか言われてみるとルーン文字っぽく見えなくもないか。
山頂にあんなお城があったとは知りませんでした。
地元の博物館に行くと確かに立派なレリーフなどが残っていて、昔はそれなりに栄えていたことを感じました。
あの地下道はそんな王族用の逃走用通路かもしれません。
ハンガリー・ブダペストの城にも似たような地下道あったし。
_
HTML can be inserted here.
hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com