ウィーン、スロヴェニア編


■フィンエアーの機内食でたれました!


久しぶりの機内食。だがしかし味は…。
「蕎麦」が出て驚きました。




■ウィーン国際空港のマクドナルドでたれました


明け方、小腹が空いたので食べてみました。
1ユーロのハンバーガーとコーヒーです。
薄い肉が乗っているだけで、ちょっと淋しかったです。




■ウィーン空港から市内へ向かう電車の中でたれました


照明の関係で赤くなってます。
始発だったので自分しか乗っていません。




■乗り換えしながらたれました


ウィーンから乗ったゼメリング鉄道を降り、ここからスロヴェニアの首都リュブリャナへ向かう路線に乗り換えます。
時計にアラビア数字がないところがヨーロッパって感じです。




■リュブリャナ名物のドラゴンの橋でたれました


橋を守る4体の竜です。
凛々しい姿に惚れます。
リュブリャナ城の近くにあります。



■ポストイナ鍾乳洞の入り口でたれました


いよいよポストイナ洞窟にやってきました。
この階段の奥に入り口があります。




■ポストイナ鍾乳洞でたれました


内部は寒いので気をつけてねという看板。
ここでは用意のない人のためにコートを貸してくれます。




■洞窟城でたれました


岸壁に張り付くように建つ洞窟城。
名前の通り城の背後にはあやしげな洞窟があるんです…。
拷問部屋の怖さは他の追随を許さないです。




■洞窟城の窓でたれました


とても天気の良い日でした。
スロヴェニアの野山は美しいです。




■中華料理でたれました


ポストイナ鍾乳洞+洞窟城と2カ所の観光地を1日で回り、とても腹が減ったので、夕食は奮発して街に一軒だけある中華料理屋で食べてみました。




■眼下に滝を見ながらたれました


世界遺産に登録されている「シュコツィアン鍾乳洞」へ行く途中で見つけました。
高さもすごいですが、見晴らしも良くて、気持ちの良い場所でした。




■シュコツィアン鍾乳洞の出口でたれました


出口も大きいですが、内部はもっと大きいです。
この鍾乳洞の内部には渓谷があり、巨大な空間のなかに谷があり、川が流れていました。
右壁から左壁へと橋が渡され、渓谷を真下に見ながら橋を渡ることが出来ますが、水音が轟音となって響き渡り、とても怖かったです。
でも体験したことのない感動がありました。




■ピフカ軍事博物館でたれました


ポストイナの街から電車で10分ほどのところに戦争博物館があります。
戦車やミサイル発射機のコレクションがありました。




■プリモジュの要塞でたれました


旧ユーゴスラビア時代の遺跡です。
丘の上に築かれた要塞で、コンクリートが崩れて落ちている箇所もあり、ちょっと危険でした。
ツアーがある日はガイドと共に内部の施設を見学出来るそうです。





「スイスは遺跡だらけ」のトップに戻る

遺跡馬鹿トップに戻る